© 2017 MIZUNOMARIKO 

シンコペーティッド・クロックと

おもちゃ1楽章

どちらの曲も、元弓で軽く飛ばす奏法を使います。

​弾き方を確認してみてください。

シンコペーティッド・クロックのピチカート、重音、

​ボウイング等の説明をしています。

当日は、小1のS子ちゃんがウッドブロックを叩きます。

​Bからの目覚まし時計はDavidさんが鳴らします。

おもちゃのシンフォニーについて、

​刻みの弓の量や休符によってテンポが変わってしまいやすいところを説明しています。

音の長さは、ジングルベルやシンコペ、おもちゃに共通して

軽くはねるイメージで切ってください。ブチブチでもありません。

ジングルベルで練習した鈴の音を思い出してください。

対照的になるよう、スラーで繋がっているところはのびのび弾きましょう。

​小6Sくんのボウイングも掲載しておきます。